HOME >> 学会賞について >> 研究奨励賞 >> 研究奨励賞歴代受賞者

日本消化器癌発生学会 研究奨励賞歴代受賞者

令和元年度消化器癌発生学会研究奨励賞受賞者

良元 俊昭(徳島大学 消化器・移植外科)
青色LEDによる大腸癌の光受容体をターゲットとする治療法の開発
保田 智彦(日本医科大学 消化器外科)
胃底腺幹細胞マーカーの同定
井口 詔一(九州大学大学院 医系学府 消化器・総合外科)
肝癌増殖におけるoptineurin発現の意義
内原 智幸(熊本大学大学院 消化器外科学)
胃癌cancer associated fibroblasts由来細胞外小胞による薬剤治療抵抗性メカニズムの解明
村主 遼(群馬大学大学院肝胆膵外科学)
肝細胞癌における免疫チェックポイント分子(B7 family)発現の機序解明と革新的新規治療の創造
山田 玲央(福島県立医科大学 消化管外科学)
胃癌発生に関与するCDX2とIL-6/STAT3シグナルの検討
梅田 晋一(名古屋大学 消化器外科学)
LAMP5/VSX1遺伝子の胃癌転移形成責任分子としての機能解析

上記7名には賞金20万円ずつが授与されました。

平成30年度消化器癌発生学会研究奨励賞受賞者

芦澤 舞(福島県立医科大学 消化管外科学講座)
ARID1A変異胃癌の分子生物学・臨床病理学的解析
胡 慶江(九州大学 消化器・総合外科学)
公共データベースを用いて同定した新規癌遺伝子OSBPL3の胃癌における生物学的意義と臨床学的意義
三輪 高嗣(名古屋大学大学院医学研究科 消化器外科学専攻)
ゲノム編集技術を応用した胃癌肝転移関連分子の機能解析
山中 崇弘(群馬大学大学院 肝胆膵外科学)
肝細胞癌に対する癌関連線維芽細胞を標的とした新たな治療開発を目指した基礎研究
山田 眞一郎(徳島大学 消化器・移植外科)
肝胆膵外科悪性腫瘍における腫瘍関連マクロファージ活性化の機序解明に関する研究
菅野 伸一(札幌医科大学 消化器内科)
ESD検体を用いた大腸発癌早期におけるFusobacterium解析とエピゲノム異常との関連性
島垣 智成(国立国際医療研究センター 肝炎・免疫研究センター)
microRNAによる肝細胞癌の高悪性度形質転換の分子機序解明

上記7名には賞金15万円ずつが授与されました。


平成29年度消化器癌発生学会研究奨励賞受賞者

原田 結(九州大学)
腫瘍組織の特性を反映する新規定量法に基づいたがん難治性メカニズムの解明
石井 範洋(群馬大学大学院病態総合外科)
癌関連線維芽細胞を標的とした膵癌の新たな治療戦略
中司 悠(九州大学 消化器・総合外科)
散発性大腸癌におけるBRAF(V600E)変異の効率的な検出法の確立とそれを利用した新しい治療法の構築
柏原 秀也(徳島大学 消化器・移植外科学)
大腸癌細胞に対するLEDの効果と光受容体の関与についての研究
六反 啓文(国立がん研究センター 研究所)
胃粘液癌の包括的ゲノム解析及び予後層別化への応用
末永 雅也(名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学)
リキッドバイオプシーを応用した膵癌術前治療に対する新規効果判定法の開発
下川 雅弘(九州大学大学院 消化器・総合外科)
ストレス応答転写因子Nrf2をターゲットとした肝細胞がんの進展及び細胞内代謝改変の制御に関する研究
高橋 遼(群馬大学大学院医学研究科 総合外科学)
微小腹膜播種モデルマウスにおけるLuciferase assayを用いた新規の薬効評価法の検討

上記8名には賞金15万円ずつが授与されました。


平成28年度消化器癌発生学会研究奨励賞受賞者

坂本 直也(広島大学大学院医歯薬学総合研究科分子病理)
CRISPER/Cas9を用いた腸型・胃型胃癌オルガノイドモデルの樹立
木村 明春(群馬大学大学院病態総合外科学)
接着分子に注目した胃癌化学療法の抵抗性についての研究
堤 智崇(九州大学消化器・総合外科)
食道扁平上皮癌におけるPD-L1発現と上皮間葉移行の生物学的意義に関する研究
塚越 真梨子(群馬大学大学院 肝胆膵外科学)
核-細胞質間輸送蛋白KPNA2を標的とした胆管癌の新たな治療戦略
田中 晴祥(名古屋大学附属病院)
胃癌肝転移に対する特異的診断・治療標的分子の開発
王 歓林(九州大学機能病態病理学)
肝細胞がんにおけるSALI4,HDAC1およびHDAC2発現の生物学的意義に関する研究
栗原 弘義(JR札幌病院)
Molecular classificationに基づいた大腸癌のmicroRNA解析と診断・治療への応用
岩橋 衆一(徳島大学 消化器・移植外科)
肝星細胞による肝癌進展増強・薬剤耐性獲得の機序解明に関する研究
波多 豪(大阪大学大学院医学系研究科外科学講座消化器外科学)
大腸癌発癌過程でのmicroRNAによるエピゲノム変化の解析
濱田 隼一(京都府立医科大学 消化器外科)
食道扁平上皮癌におけるRNA結合蛋白質TIA1の機能制御による抗腫瘍効果の検討

上記10名には賞金10万円ずつが授与されました。


平成27年度消化器癌発生学会研究奨励賞受賞者

清水 大(名古屋大学大学院 医学研究科 消化器外科学)
Transcriptome解析により胃癌肝転移関連遺伝子として検出したG protein-coupled receptor 155(GPR155)の発現及び機能解析
岩槻 政晃(熊本大学大学院 消化器外科学)
消化管間質腫瘍(gastrointestinal stromal tumor ; GIST)におけるイマチニブ耐性に関与するmicroRNA-gene pathwayの同定
三橋 慧(札幌医科大学消化器・免疫・リウマチ内科学講座)
消化器発癌における常在微生物群ゲノムの重要性と分子異常・免疫応答との関連
向山 順子(神戸大学大学院医学研究科外科学講座食道胃腸外科学分野)
がん幹細胞特異的マイクロRNAを標的とした大腸がん新規治療法の開発

上記4名には賞金20万円ずつが授与されました。


平成26年度消化器癌発生学会研究奨励賞受賞者

五十嵐 央祥(札幌医科大学 消化器・免疫・リウマチ内科学講座)
大腸腫瘍の分子診断・個別化治療における新規バイオマーカー探索を目指したnon-coding RNAの網羅的解析
大原 利章(岡山大学大学院 医歯薬総合研究科 消化器外科)
固形癌に対する除鉄誘導療法の確立
神田 光郎(名古屋大学 消化器外科学)
早期診断への応用を目指した、膵癌前癌病変の癌化過程に関わる新規遺伝子変異の同定
財津 瑛子(九州大学大学院 消化器・総合外科)
胃癌におけるEncoding phosphate and tensin homolog(PTEN)の発現と予後及びHER2発現との関連に関する検討
澤山 浩(熊本大学大学院 消化器外科学)
嫌気性代謝関連蛋白による抗癌剤耐性機序の解明と低分子化合物を用いた新規治療法の開発
田尻 裕匡(九州大学大学院 消化器・総合外科)
がん細胞の浸潤・転移におけるDOCK1の役割とその制御機構の解明
林 洋光(熊本大学大学院 消化器外科学)
ヒト癌組織における腫瘍抑制シグナルHippo pathwayの破綻による癌幹細胞能獲得機構の解明と臨床的特徴へのアプローチ
渡辺 亮(群馬大学 病態総合外科学(第一外科))
IPMNにおいてSTMN1は増殖シグナルを活性化させ発癌に寄与する

上記8名には賞金15万円ずつが授与されました。


平成25年度消化器癌発生学会研究奨励賞受賞者

田中 守(名古屋市立大学 消化器・代謝内科)
新規光感受性物質である糖鎖連結クロリンによる光線力学的診断の開発
川俣 太(北海道大学病院 消化器外科学分野I)
大腸癌浸潤・転移におけるchorionic gonadotropin-βの機能解析とその臨床応用
戸島 剛男(九州大学大学院 消化器・総合外科)
肝細胞がんにおけるオートファジーの生物学的意義について
宮林 弘至(東京大学 消化器内科)
膵発癌マウスモデルを用いた治療薬の効果・メカニズムの検討と新規治療標的分子の検討
及能 大輔(札幌医科大学 外科学第一講座)
ヒト正常水管上皮細胞及び膵癌細胞株を用いたPKCシグナル分子を標的とした膵癌分子標的治療の基礎的研究PKCα阻害作用とタイト結合発現調節機構
品川 慶(広島大学病院 内視鏡診療科)
骨髄間葉系幹細胞の大腸癌増殖促進機構におけるメタロチオネインの重要性に関する研究
中島 雄一郎(広島赤十字・原爆病院 外科)
食道扁平上皮癌のcollective cell invasionにおけるpodoplanin発現の意義に関する研究

平成24年度消化器癌発生学会研究奨励賞受賞者

大上 直秀(広島大学大学院医歯薬学総合研究科分子病理学)
胃癌細胞の非対称性分裂時における胃型・腸型形質発現の変化
島田 周(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科分子腫瘍医学分野)
未分化型胃がんマウスモデルを利用した新規分子標的治療薬の開発
武谷 憲二(九州大学 消化器・総合外科)
大腸癌転移におけるWnt-β-カテニン経路でのATF3の新規バイオマーカーとしての意義の解明
馬場 祥史(熊本大学 医学部 消化器外科)
CGH microarrayを用いた食道癌LINE-1 hypomethylationの機能的メカニズム解析
坂部 友彦(鳥取大学大学院医学系研究科遺伝子医療学)
肝癌幹細胞における細胞内シグナルネットワーク解析

平成23年度研究奨励賞受賞者 平成23年度研究奨励賞受賞者 平成23年度研究奨励賞受賞者
平成23年度研究奨励賞受賞者 平成23年度研究奨励賞受賞者
※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。


平成23年度消化器癌発生学会研究奨励賞受賞者

石本 崇胤(熊本大学 消化器外科)
消化器癌細胞におけるCD44を介したROS制御機構の解明と治療への応用
北原 秀治(東京女子医科大学 医学部 解剖学・発生生物学講座)
微小循環系の制御が腫瘍の悪性化抑制につながるか?
神藤 理(医療法人寿楽会 大野記念病院 外科)
胃癌の増殖進展におけるTGFβR/Smadシグナルの意義と分子標的治療の検討
仙谷 和弘(広島大学大学院医歯薬学総合研究科 分子病理)
消化管癌転移巣の探索的オミックス解析による診断・治療マーカーの同定と癌幹細胞との関連
間野 洋平(九州大学大学院 形態・機能病理)
肝細胞癌の増殖・進展におけるSTAT3シグナルの役割と腫瘍関連マクロファージによるSTAT3活性化の解明に関する研究
安藤 幸滋(九州大学大学院 消化器・総合外科)
胃癌におけるシャペロンタンパク質Mortalinによるp53抑制の分子機序解明
能正 勝彦(札幌医科大学 第1内科)
消化器癌のグローバルDNAメチル化、microRNAの異常発現の解析とそれらを標的とした予後予測、個別化治療の可能性

平成23年度研究奨励賞受賞者
※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。


PAGE TOP