HOME >> 学会賞について >> 大原賞・田原賞

平成30年度大原毅賞・田原榮一賞

日本消化器癌発生学会では本学会の設立に功績のあった大原 毅博士、田原榮一博士を記念して、平成24年度より大原 毅賞(大原賞)、田原 榮一賞(田原賞)を設けることといたしました。
以下の規定をご一読いただき、各賞の申請書に必要事項をご記入のうえ、平成30年4月1日までに、学会事務局あてにご応募ください。

日本消化器癌発生学会 大原毅賞(大原賞)、田原榮一賞(田原賞) 規定

1. 日本消化器癌発生学会は本学会の設立に功績のあった大原 毅博士、田原榮一博士を記念して、大原 毅賞(大原賞)、田原 榮一賞(田原賞)を設け、優れたがん研究者に授与してその功績を表彰し、もって消化器癌発生研究の一層の振興をはかる。
2. 大原賞は臨床医学分野の施設において、田原賞は基礎医学分野の施設において優れた業績を挙げた研究者の功績を讃える。
3. 受賞者は1年に各1名を原則とする。
4. 授賞候補者は、該当年の1月1日付で50歳未満の日本消化器癌発生学会会員とし、本学会代議員の推薦の元、公募し、当学会選考委員会にて選考する。
5. 受賞者には賞状ならびに副賞20万円を授与する。
6. 日本消化器癌発生学会総会時に賞の授与と記念講演を行う。
7. 本賞は平成24年度より実施する。


PAGE TOP